文章力の重要性

 キャラクターと物語のどちらか、あるいは両方が頭二つ分くらい飛び抜けて面白い場合は別ですが、それ以外の場合、文章力も必要な要素となります。
「僕はおやつの時間におやつを食べた」より、「空腹に耐えられず、僕は目の前のどら焼きに手を付けなければならなかった」と書いた方が面白いわけです。
 つまり、「僕はおやつの時間におやつを食べた」というこの短い文章を、いかにして読者が読んで面白い文章に変えられるかが「文章力」なのです。

文章力を上げるヒント

文章力を学ぶ

2013/07/08