ライトノベルを作る際におすすめのライトノベル

ブギーポップは笑わない (電撃文庫 (0231))

ライトノベルの一時代を作った作品。様々な人物から一つの事件を見るという画期的な作品。

ブギーポップ・リターンズVSイマジネーター (Part 1) (電撃文庫 (0274))

「ブギーポップは笑わない」の続編。「続編」という作品のあり方を変えた作品。

涼宮ハルヒの憂鬱 (角川スニーカー文庫)

「ブギーポップは笑わない」とは全く違う作風で一時代を築いた作品。独特の独り語りが特徴。

迷い猫オーバーラン! 拾ってなんていってないんだからね!! (迷い猫オーバーラン! シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)

作者さんがゲームシナリオライターということもあって、とにかくサクサクした文章が特徴。

とらドラ!1 (電撃文庫)

恋愛物の先駆け。

キノの旅―The beautiful world (電撃文庫 (0461))

短編小説がいくつもあって小説となっているという珍しい作品。