物語の作り方

起承転結に起承転結を作る

2013/07/08

 物語の基本は起承転結です。細かいことを言えば、序破急というのもありますが、その辺りは専門書が沢山出ていますし、どこのライトノベル解説でもやっていますので、あえて割愛します。
 起承転結、それぞれの章に起承転結を作ることで、簡単に物語を作ることができます。

起承転結に起承転結を作る

 起承転結の場合、物語の区切りが四つから成り立ちます。実際の小説では区切り(章)はもうちょっと多くなりますが、大体四つに区切ったとして、解説します。
 物語の始まりは「」です。恋愛物だったら女の子と出会います(恋愛物でなくとも、このパターンが多いのですが)。
 女の子と出会う(起)→日常生活を送る(承)→女の子の悩みを知る(転)→それを解決するために、何かをする。(結)
 これで「」部分の起承転結ができるわけです。
 同様に、起承転結の「承」や「転」、「結」にもそれぞれ起承転結を作ることで、簡単に話を作ることができます。

-物語の作り方
-,