キャラクターの作り方

人は皆オタクである。

2013/07/08

 キャラクターの個性の一つとして、「オタク」というものがあります。
 このオタクというのは、アニメオタクだったり、ゲームオタクだったりしますが、既存の作品にはそんなキャラクターは溢れていますよね。
 ですので、読者が「読んでいておもしろい!」というオタクを作ることが、魅力的なキャラクターを作ることになります。

共感できる楽しさ

 オタクで最も読んでいて楽しいのは、「共感」です。
 アニメオタクやゲームオタクのキャラクターがウケるというのは、自分自身に重ねあわせやすいからです。なぜなら、ライトノベルを読んでいる読者と、アニメオタクやゲームオタクは重なる部分が多いからです。

そこにハマるの? という「意外性」

 世の中には色んなオタクがいます。クリップやボールペンなどの文房具をコレクションしている方や、掃除を趣味にしている方だっています。
 このようなオタクを文章にして、かつ物語に組み入れるのはちょっと難しいかもしれませんが、読者のニーズを上手く捉えられれば、これらも面白いオタクになります。

勢いの楽しさ

 テクニックにもなりますが、上記で言えば、ボールペンマニアの方が、前の席の女の子が落としたボールペンを拾い、「これは何年製の○○で、材質は○○!」なんて話出し、勢いのまま話を進行させるという方法もあります。

にわかオタクにならないように

 自分の知っている知識をフル活用しましょう。掃除オタクを書きたいのであれば、徹底的に色んな掃除法を試しましょう
 にわかオタクにならないためには知識を蓄えることが大切です。詳しいことは作品作りに大切なものでもお話しています。

-キャラクターの作り方
-, , , ,