作品作りに大切なもの

「ライトノベル以外」の本を読む

 ライトノベル以外の本を読むことで、沢山のことを学ぶことができます。

文章力

 自分の知らなかった言い回しや表現などを学ぶことができます。

世界観

 自分の知らない世界や、表現しようと思わなかった世界も、一般書籍の中には沢山あります。

想像力

 ライトノベルでもそうですが、小説を読むときは頭で考えながら読むことになるかと思います。これが物語や文章のひらめきに繋がります。

専門書を読む

 専門書と言っても、入門レベルのもので構いません。スポーツだったらルールが書いてあるもの体験談、病気だったら手記など、物語に深みを与えてくれるものは沢山あります

ハウツー本

 専門書より敷居が低く、何も知識がない状態から読み始めても勉強になります。

絵本

 文字を読む気になれないときに。短い間に起承転結がしっかりとあるので勉強にもなります。

随筆を読む

 随筆は作者の気持ち、つまりキャラクターではなく「人間」がどのような行動を取って、どのような気持ちになったのかを学ぶことができます。
 また、「随筆風」のライトノベルを書く勉強にもなります。

写真集

 想像力が駆り立てられます。地域設定など、物語に深みを与えることもできます。

雑学本

ウンチクキャラ」を作るときや、知識を蓄えるのに最適です。

-作品作りに大切なもの
-