作品作りに大切なもの

嫌いなものこそ詳しくなる

2013/07/08

 嫌いなもの、特に食わず嫌いだったものに詳しくなると、物語が一層深みが出ます。
 嫌いだと言って避けていれば、その分野のことを知ることもできませんし、学ぶこともできません。そして、物語に反映することもできません
 今、ニュースを流して聞いている分野があれば、まずそこから調べてみてください。世界が広がります。

政治が嫌い

 政治が嫌いだと言って、ニュースも適当に聞いているのではなく、疑問に思ったら調べてみましょう。
 例えば、政治マニアのキャラクターを作れば、感動したときは「感動した!」、何か変化を起こしたら「構造改革だ!」、世界を変えようとしたら「神の国発言か!」というように使うことができるのです。
 もちろん、政治の動きを知ることは、物語に活かすこともできます。

スポーツが嫌い

 スポーツから得るものは大きいでしょう。
 例えば、マラソン選手がどうしてマラソンを選んだのか、野球のルール歴史、サッカーの事件など、沢山のことを得ることができます。

異性が嫌い

 リアルの女の子が嫌いでは、女の子は書けても、リアリティのある魅力的な女の子にはなりません。
 また、知らなければいいと思っていたものを知ることで、「わざと」嫌な部分を排除した人間も書くことができるのです。

映画・ドラマが嫌い

 映画やドラマは一時間~二時間で物語が完結します。物語の構成の勉強にもなりますし、ターゲットとなる高校生を知るにもとても役立ちます。
 リアルな高校生の場合、デートで映画を選ぶ子もいるわけですし、ドラマが好きという子もいるのです。

-作品作りに大切なもの
-,