作品作りに大切なもの

読者を意識すれば、作品は断然書きやすくなる!ただし、デメリットもある!

2017/06/15

 読者を意識することで、断然作品は書きやすくなります。

一般の人向けに読んでもらいたい…

 ライトノベルというと、「ちょっと変わった人が読む小説だよね」というイメージが浮かんでしまいますよね。
 もし自分がデビューできたとしたら、自分の作品を読んでいる読者がそんな風に思われるのは忍びない…と思う方もいらしゃると思います。
 そんなときのターゲットは「一般の人」です。
「オタクではない女子高生、男子高校生」「いわゆる普通の大学生」「ライトノベルには興味ないけれど、手にとってくれた社会人」など、「オタクではない人向け」の作品を書くこともできます。
 その場合には、以下のような設定になるでしょう。

・突飛押しもない設定のキャラクターが出ない(別荘を持っている女子高生や変な言葉遣い、異世界)
・擬音語が少なめ、読みやすい文章
・感情移入しやすい環境、キャラクター

 もちろん、すべてに当てはまればいいわけではありません。ハリー・ポッターのような魔法物やディズニーの世界観が受け入れられていることから、分かりやすい世界観だから一般の人も読みやすい、というわけではないのです。

オタク向け作品


 上記とは逆で、ごく一部の人にさえ読んでもらえればいいコアなファンを獲得できればいいという場合には、そういった要素を思い切り詰め込んだ作品がいいでしょう。

担当者向け作品

「とにかく新人賞に受からなければデビューもできない」という考えで、最近の流行りを詰め込んだ作品を作るという手です。
 もちろん、パクリは良くないですし、受かりませんから、トレンドを詰め込み、自分の文章で書き上げるようにしましょう。

読者を意識しすぎると、オリジナリティのない作品になる


 ただし、読者を意識しすぎるということはデメリットもあります。オリジナリティがなくなる危険性もあるのです。
 自分が書きたい作品はバトルものだ、でも美少女大好きのオタクに読んでもらいたい、となると、本当は筋肉隆々の男性ばかりが出ている作品を書きたいのに、女子高生のバトル物になってしまう、入れたくもない百合描写まで…となると、作品を作る意欲までなくなってしまいますよね。
 そういう場合には、読者のことは一度考えずに、自分の作品を作ることも大切です。そして、「ファンは後からついてくる」と思えば、自分の作品が作れるのではないでしょうか。

-作品作りに大切なもの
-, ,