作品作りに大切なもの

受賞作から「対策」をする

2013/07/08

 ありきたりな言葉ですが、「傾向」を調べ、「対策」をすることが、受賞への近道となります。

レビューが抜け道になり得る

 受賞作を読んで、「こんなので受賞なんてありえない」と思うことがあると思います。
 同じように、Amazonなどのレビューを読んでいると、「ここがつまらなかった」「この展開はありえない」という意見が書かれていることもあります。
 これこそが「読者の求めているもの」です。作品に活かすことができます
 反対に、自分は「つまらなかった」と思っているのに、評価が高い場合、レーベル色と合っていないことが考えられます。

「書きたいもの」が「求められているもの」と違う

 受賞作の傾向を調べていくと、「この展開の方が面白いのに」「この設定の方がおもしろいのに」ということがあると思います。
 受賞作の「傾向」の調べ方にも書きましたが、編集部の求めているものと、読者の求めているものにはわずかに温度差があります。
 更に、読者の求めているもの自分の書きたいものにも温度差があるのです。
 これを埋めることが、受賞への近道となります。

新しいものを加える

 おそらく、受賞への一番の近道と思われます。
 新しいもの、もしくは特異性と言っても構いません。それを加味した作品を書けばいいのです。
 例えば、投稿したい出版社の小説大賞の歴代作が「学園ハーレムもの」で埋め尽くされているとします。
 そこに「歴史」であったり、「男の娘」であったり、「死神」であったりをくわえるのです。そうすれば「歴史もののハーレム」であったり、「男の娘に囲まれるハーレム」「死神に囲まれるハーレム」が完成します。

切り口を変える

「学園ハーレムもの」でいえば、女の子の視点で話が進んでいったり、バッドエンドから話が進行したりと、今までと違った切り口で話を進める方法です。

レーベル色を見極めるのもひとつの対策

 例えば、学園ハーレムものに飽き飽きしていても、受賞作は例年学園ハーレムものばかりだとします。それがその出版社の「」です。編集部は学園ハーレムものを売りたいのです。学園ハーレムものが嫌いなら、あなたにそこのレーベルは合いません。他のレーベルに投稿したほうが無難です。
 更に、自分の書きたい作品がどこのレーベルの受賞作にも似たものがない場合、色んな傾向の作品が受賞しているレーベルに応募しましょう。学園ハーレムものばかりが受賞しているレーベルでは、埋もれてしまう可能性があります。

-作品作りに大切なもの
-, ,