ホームページ・ブログの活用

ライトノベル作家になりたい!新人賞に応募すべき?ネットで書き続けるべき?

2017/03/15

 ライトノベル作家を目指す場合に「どこで」小説を書くかという悩みもありますよね。

「プロ」のライトノベル作家になるためには新人賞しか道がない

 まず、あなたがどんなライトノベル作家になりたいかによりますが、もし「プロのライトノベル作家になりたい」のであれば、やるべきことは「新人賞に応募する」ことだけです。
 現在の日本では、例えばウェブ上に小説をアップロードし続け、それが出版社の目に留まり、プロの道を進むというシンデレラストーリーは万に一つの確率です。宝くじ一等に当たる確率以下でしょう。
 ですから、プロの作家、つまり小説を書いて出版社からお金をもらい、将来はアニメ化や漫画家されて…ということを夢見るのであれば、新人賞に作品を送るしかないのです。

ウェブ上にライトノベル作品を上げることは、誰かの目に留まるということでもある


 ただし、ネット上にライトノベル作品を投稿するということは、何もマイナス点だけではありません。

誰かの目に留まる=評判が聞ける

 新人賞、特に大手のライトノベル新人賞になると、自分の作品が本当に読まれているか分かりませんよね。最終審査まで残れば「ここをこうした方がいい」などの評価を受けることができますが、一次落ち、二次落ちになると担当も付かず、評価も分からないままということが多いでしょう。
 ウェブ上に投稿すれば、誰もが読める状態になります。つまり、誰かがあなたの作品を評価してくれる可能性があります。感想も聞けますし、それが酷評の場合もあります。絶賛されるかもしれません。
 つまり、「誰かに見てもらって自分を磨きたい」という場合に、ライトノベルをインターネット上に掲載するということは有りなのです。

途中までの作品でも公開できる


 新人賞に応募する際には、ライトノベルの完成品を送らなければなりません。
 しかし、ネット上には、作品が未完でも投稿できます。そこで「この先はこういう展開になって欲しい」という感想をもらうこともできますし、それは自分の頭の中で考えていたストーリーとは別物の可能性もあります。つまり、作品・物語の幅を広げる可能性もあるということです。

お金がもらえる可能性もある

 例えばあなたが自分のホームページやブログを作ってライトノベルを公開します。そこに広告を貼ることで、収入を得ることも不可能ではありません。
 ただ、広告費はアクセス数(読者)に依存するので、よほど人気作家にならなければ「プロ並」の収入を得ることは難しいでしょう。

-ホームページ・ブログの活用
-, , ,