物語作りのヒント

「ライトノベル」にこだわりすぎない

2013/07/08

「ライトノベル」の出版社(編集部)が乱立されているように、「ライトノベル」の市場は広がりを見せています。
 ですが、小説大賞の応募者数からしても、「ライトノベル作家志望」の方は相当数存在しており、更に市場の需要と供給を考えれば、「ライトノベル作家だけ」にこだわることはやや危険な部分もあります。
 読むだけでも勉強になります。応募する、しないは自由ですが、作風を広げるため、将来のためにも、「ライトノベル以外」にも視野を広げてみると良いでしょう。

作風が変わる

 ライトノベルだけにこだわると、文章も「ライトノベル風」になりがちです。
 一般書も視野に入れると、難しい言い回しを覚えたり、読者の心に訴える描写も覚えることができます。

ジャンルが広がる

 ライトノベルというと、恋愛モノ、萌え系、魔法モノと、定番のものばかりが目につくと思います。
 一般書では、このようなジャンル以外にも、推理モノや怪談モノ、「○○モノ」とくくることができないものまで、沢山のジャンルがあります。
 更に、一般書では魔法などの「奇想天外」な話はありませんが、「いかに魔法や奇抜な設定を使わずに、読者に興味を持ってもらえるか」を考えながら書くことになり、ライトノベルを書くときにも活かすことができます

-物語作りのヒント
-,