物語作りのヒント

「アフターストーリー」を書いてみる

2013/07/08

 ネタがどうしても思い浮かばない、しっくり来ないというときは、その物語のアフターストーリーを書くという方法もあります。
 本来、「アフターストーリー」は「エピローグ」ですが、使い方によっては物語をより面白くする可能性があります。

「プロローグ」として使う

 冒頭に「アフターストーリー」を書く方法です。これにより、「結末が面白そうだ」と印象づけることが可能です。

「本編」で使う

 将来はこうなっているだろう、と書く方法です。これにより、読み手も「その後」を想像しますので、伏線にも使うことができます。
 本編で使えない場合は、頭の中の設定として取っておきます。

「アフターストーリー」を本編に

 本編がしっくりこない場合は、アフターストーリーを本編にしてしまうことも可能です。

推理小説のアフターストーリー

 殺人事件などの犯人を探すのが推理小説の醍醐味ですが、このアフターストーリーを書くとしたら、容疑者や被害者の家族の物語を書くことができます。

恋愛小説のアフターストーリー

 恋愛小説のほとんどは、主人公とヒロインが付き合うまでのお話です。このアフターストーリーとなれば、主人公とヒロインがラブラブな話を書くことができるます。

魔法モノのアフターストーリー

 魔法ものの場合、魔王を倒すのが本来の話ですが、アフターストーリーは平和になった世界、もしくは倒したはずの魔王が生きていたという話になります。

怪談のアフターストーリー

 怪談は幽霊が出てくることが怖い、という話ですが、幽霊をお祓いしたはずなのに、まだ憑いているという話が書けます。

-物語作りのヒント
-, ,