物語作りのヒント

「結」から話を始める

2013/07/08

 物語のテクニックの一つです。通常は「起承転結」で話が進みますが、あえて「結」から始めることで、一味違ったライトノベルを書くことができます。
 これには二つのパターンがあります。

「結」から始まり、「起」「承」「転」で進むパターン

 見所が「」にある場合に有効です。日常系の話で、登場人物が既に揃った状態で話を初め、「出会ったのはいつだった(起承転結の起)」「こんなこともあったよね(起承転結の承)」「実はあんなこともあったよね(起承転結の転)」といった具合で話を進めるのに有効です。
 また、推理小説などで、「僕は今、犯人に仕立て上げられている」という結末を最初に見せ、「どうして『僕』が犯人扱いされているのか」や、真犯人を読者に探してもらうこともできます。

「結」から始まり、「転」「承」「起」で進むパターン

 出会いや物語の始まりになる「」に見せ所がある場合に有効です。
「僕らは今、ここでこうしている」という「結」から始まり、「あれは○○だった」「あれは○○だった」と、前に戻っていくパターンです。

結から始まれば、物語の方向が見える

 本来の物語の終わりが「結」ですから、物語の伝えたいことが凝縮されているわけです。
 例えば恋愛物では、物語の終盤に持って行くべきである「僕らは付き合うことになりました」という文言から話を始める場合、「恋愛もので主人公は幸せになる」という結末が見えているわけです。ここで、男友達の友情ばかりを描くのでは、話の筋から逸れています。ハーレム状態になりながらも、誰かと付き合うことになるはず、いったい誰なんだろうという話の持って行き方恋路に置かれたハードルを乗り越えるさまを描くが正しいのです。
 また、通常の「起承転結」で話を書く時も、一度「結」を最初に置いてみて下さい。「結」と「起」の話の道筋は逸れていないか、確認することができます。

エピローグは付ける

「結」から話を始めるということはインパクトがありますが、「転」で終わるにしろ、「起」で終わるにしろ、「エピローグ」のようなものを付け、しっかりと話が終わったことをイメージ付けます。

書いたあとには問いかける

 書き終わったあとには「この順番でなければならなかった」と思わせるだけの話になっているか確認しましょう。通常の「起承転結」でもよかったのでは? と思うようなら書き直すことも必要です。

時系列を変える

 上記の説明は、時系列をバラバラにして説明しましたが、時系列をいじるということは、読者がついていけないということもあります。
 しっかり、「何年前のあの日」と明記し、文章も過去形を使うなど、丁寧に作ることが大切です。

-物語作りのヒント
-