物語作りのヒント

「一瞬」の変化で物語の色を変える

2013/07/08

 特に起承転結の「転」で使えるテクニックです。
 あからさまに「今から話が変わりますよ」という話の持って行き方ではなく、読者が「どうしてこうなったの?」と思うような「一瞬」を作ります。

作者すら思い浮かばない展開がベスト

 もちろん、話の色というものがありますから、加減は必要です。
 つまり、推理小説で「犯人は宇宙人!」という展開は奇抜すぎますよね。
 真犯人が別の人、というのではインパクトが欠けるかもしれません。
 言うならば、「犯人は○○」と言って、一見落着したようにみせて……いきなり、第三者に刺されてしまうくらいの「一瞬」の変化があると、読者にインパクトを与えられます。

「起」で使うと独特な雰囲気に

「一味違うライトノベル」を作るのでしたら、最初に「一瞬」を作ってしまう方法もあります。
 つまり、最初から交通事故にあってしまう最初から告白される、など、「一瞬」から始まる物語もあります。

「結」で使えば消化不良の場合も

 起承転結の「結」で使うと、場合によっては消化不良になってしまう場合もあります。
 ですが、テクニック次第では、より魅力的な作品になるでしょう。

物語が始まる前の一瞬

 これは物語を作る「設定」の部分の話ですが、この設定に「一瞬」の出来事を作っておくというものです。
 つまり、数年前に親が殺されてしまった、というような設定です。

「作者が思い浮かばない」をテーマに

 起承転結の「転」で使うならば、「起」と「承」は通常通り、何事もなく書いておくという書き方があります。
 そして「転」に差し掛かったところで、「一瞬」の事件を入れます。もちろん、事件を描いた後には「起」と「承」に戻って、伏線を挿入していくのを忘れずに。

-物語作りのヒント
-,