物語作りのヒント

全部に伏線を張るつもりで推敲する

2013/07/08

 伏線というのは、ライトノベルにおいて特に重要なものです。
 構成を練っているときに伏線を仕込んでおくのは当然ですが、それ以上に推敲のときにも力を入れましょう。

全部に伏線を入れるつもりで

 構成段階で伏線を入れるのは当然ですが、文章を書いているときに伏線を張るのは、案外難しいものです。そんなときは、推敲のときに伏線を張ります
 Aという伏線があったからBという結果になる、という伏線の張り方が一般的ですが、推敲のときには既にBという結果は書いてあります。ですので、Bという結果になる前に、Aを作っておくという手法も可能です。

会話に伏線を張る

 Bという結果の前に、何気ない会話を入れておきます。例えば、ヒロインが桜の木の下で待っている、という場合「私、桜が好きなんだ」という会話をさり気なく入れておきます。

心理描写に伏線を張る

 Bという結果の前に、心理描写を入れておきます。上記の例で言えば、「桜があまりにも綺麗で、ヒロインによくあいそうだ」という具合です。

情景描写に伏線を張る

 Bという結果の前に、「ヒロインは桜の木を眺めていた」という描写を入れておきます。

伏線は多いほど面白い

 大きな伏線というのは構成の段階で考えますが、小さな伏線というのは推敲段階で入れることが可能です。
 伏線には推理やまちがい探しのような楽しさがあります。何気なく物語が進んでいたとしても、「せっかくだから、これにも伏線を仕込んでおこう」という作り方も、推敲時には可能なのです。

-物語作りのヒント
-,