文章力を上げるヒント

先入観で想像させろ!

2013/07/08

 人は先入観を持ちやすいものです。
 この先入観を上手く使えば、物語は面白くなります。

二人の関係

 僕らは男女の関係だ、といえば「恋人同士」と思います。実は、と明かした関係が母と息子の関係だとすれば、物語は面白くなります。
 他人に言わせても構いません。「あいつら、ホテル街で歩いていて……」と言わせ、実は「家がホテル街の中にあるんだ。あれ、お袋」というのでも面白いでしょう。

既存の作品

 パンをくわえた女の子が男の子にぶつかって始まる恋。この使い古されたネタ、パンを加えた女の子が実はオカマだったら?

フラグをへし折る

 幼馴染との再会というイベントはいわゆるフラグです。「何年ぶりの再会だろう……」と期待を持たせておきながら、お互い別の人を好きになるという展開も有りなのです。

犯人を決めつけておく

「犯人はA。理由はこうだから」と言って、実は犯人はB。よくある手段ですが、有効に使えます。

-文章力を上げるヒント
-, ,