文章力を上げるヒント

漢字検定を勉強して、サクッと語彙を増やそう!

 漢字検定といえば、漢字を読み書きするのだけがメインに思われがちですが、四字熟語であったり、同音異義語類義語対義語などの知識も必要になり、自ずと語彙が増え、小説を書く際に役立ちます

知らない言葉も学ぶことになる!

 普段の会話では出てこないような言葉も、漢字検定では出題されます。級が上がるほど、その傾向が高くなります。
「上手い言い回しで書きたい」というときに、類義語や四字熟語を知っていれば、それだけ表現の幅も広がるのです。

同音異義語で迷わなくなる!

「人の気持ちクむ」や「党をクむ」などの同音異義語なども漢字検定では出題されますので、これらも学んでおけば、文章を書いているときに悩まずにすみます

資格を取っておけば一生もの

 特に漢字検定の2級以上であれば、履歴書に書くことで一定評価を得ることができます。漢字検定の公式サイトによれば、高校入試や大学の単位認定であったり、企業の採用時にも評価の対象とされています。
 ライトノベル作家になるためだけでなく、兼業作家(作家以外に就業すること)になったときや学生生活そのものにも役立ちますので、勉強しておいて損はないでしょう。

漢検2級漢字学習ステップ 改訂三版

赤チェックシート付 漢字検定2級 [頻出度順] 問題集

-文章力を上げるヒント