文章力を上げるヒント

余計な文章はいらない

2013/07/08

 小説には余計な文章というのは存在しません。ですので、「この文章は小説として必要ないのでは?」と思ったら、削る勇気も必要です。

伏線にならないもの

 ライトノベルにおける伏線とは何かで書きましたが、ライトノベルは一般書籍より伏線が重要になります。
 必要のない文章も、伏線として利用すれば余計な文章ではなくなります。

くどすぎる心情描写

 読者の手に渡れば、読者が勝手に解釈してくれます。もちろん、伝わらない心情描写はいけませんが、心情描写もくどすぎてはいけません。
 読み直して「さっきも同じようなことを書いてあった」と思えば、削ります。

不必要な情景描写

 情景描写は少ないと、どこにいるか分かりません。ですが、多すぎても問題です。
 細かすぎると思ったら、削ることも必要です。

キャラクター造形

 キャラクターの説明で1ページ使っては、多すぎるのは言うまでもありません。適量というものがあります。

設定

 世界観、人物関係など、地の文で延々と説明している場合は、文章を散らしたり、会話にしたり、工夫して減らすことが大切です。

どうしても説明したい場合は会話を使う

 説明文や心情は会話でにも書きましたが、ライトノベルにおいて会話は重要です。
 書きたい文章は会話に変更する手もありです。

-文章力を上げるヒント
-, ,