文章力を上げるヒント

手っ取り早く表現を増やそう!

2013/07/08

 表現を増やすということは、文章力を上げる第一歩です。
 一番確実なのは、一般書籍を読み、気に入った表現を覚えることでしょう。ですが、手っ取り早く表現力を上げるには、それ以外にも方法はあります。

よく使う言葉の表現から書きだす

 例えば、「見る」という表現はよく使われる単語の一つです。これを辞書や類義語辞典などを引いて、関連する単語を覚えていきます。

視聴する 見つめる 目が合う 眺める 睨む

 上記は「見る」の一例です。他にも「思う」や「気付く」など、自分がよく使う表現から覚えていくだけで、表現力が上がります。

慣用表現と四字熟語、ことわざ

 慣用表現四字熟語ことわざを入れるだけで、表現が増えます。もちろん、適当に使っては意味がありませんし、多用しすぎると鬱陶しいだけなので注意が必要です。
 これらを覚えるには、専門書が販売されていますので、中高生向け、もしくは小学生向けのものでも構いませんので一冊持っておくといいでしょう。

気になった単語はメモを

 一般書籍や新聞、テレビや音楽などで、気になった単語や言い回しはメモをします。これだけでも、表現は増えます。

-文章力を上げるヒント
-, , , ,