キャラクター作りのヒント

似たようなキャラはいらない

2013/07/08

 自作品において、もしくは他作品に似たようなキャラはいないか、一度問いかけてみて下さい。
 もし他の作品に似たようないるようなら、自作品はよほど「物語」が面白くない限り、ただのパクリです。もう一度練りなおすことが必要です。
 自作品(一つの物語の中)に似たキャラいる場合、以下の点に注意をし、練りなおすことが必要です。

全く違うキャラクターを作る

 似たもの同士ばかりでは意味がありません。似たものならば、「もう一人」のキャラでも用が済んでしまうのです。
 例えば、作品中にツンデレキャラが数人いても「ツンデレ大戦争」というような内容でない限り、意味がないのです。

役割分担を明確にする

 キャラクターを作る際には、役割を明確にしておきます。
 ボケとツッコミのような関係だけでなく、「主人公にヒントを与える役」「主人公に考え方を変えさせる役」など、役割を明確にしておくことが大切です。

どうしても似たキャラを書きたい

 どうしても似た者を二人出したい場合、「主人公にツンとなるタイプ」と「主人公以外にツンとなるタイプ」など、細かく色を変え、更にその違いが分かるシーンを作る必要があります。

-キャラクター作りのヒント
-