はじめに

ライトノベルの作り方

2013/07/08

 小説(ライトノベル)というのは創作ですので、書き方や作り方というのは決まっていません。参考程度に、「ライトノベルの作り方」を紹介します。

前段階

 文章力があると、小説は更に面白みを増します。
 アイディアも貯めておくと、面白い展開を作ることができます。

アイディアを作る

 創作の第一段階です。この段階ではアバウトで構いません。投稿したい出版社や字数などで臨機応変に対応します。
 アイディアに関して、キャラクターについては「キャラクターの作り方」、物語については「物語の作り方」も参考にして下さい。

投稿したい出版社を決める

 恋愛モノを書きたいのに、恋愛モノがほとんど受賞していない出版社や、剣と魔法モノを書きたいのに、剣と魔法モノが受賞していないなど、出版社にはそれぞれレーベルカラーがあります。出版社を知るということは大切なことです。
 傾向を知るには「受賞作の「傾向」の調べ方」、対策をするには「受賞作から「対策」をする」も参考にして下さい。

応募要項を確認する

 応募したい出版社が決まったら、応募要項を確認します。字数やページ数だけでなく、出版社が「どのような小説を求めているのか」も調べておきます。

問いかける

 同じようなキャラクター、同じような物語が既存の作品にないか、問いかけます。
 同じような、似たような作品では意味がありません。「オリジナリティ」があり、「新しいもの」がある作品にします。

プロットを作る

 余程天才でない限り、プロットは作っておいた方が無難です。プロットは「物語がこうなって、こうなる」という「進行表」のようなものです。この時にあらすじを書く方法もあります。
 作り方は「プロットの作り方」も参考にして下さい。

設定資料を作る

 キャラクターの口調や一人称、相手の呼び方、年齢などを決めておきます。剣と魔法モノであれば発動条件、ファンタジーであれば世界観などを作っておきます。同時に、必要な資料があれば用意します。OneNoteに整理すると便利です。

書き始める

 最初は「○○は○○をした」という程度で構いません。勢いと展開を大切にしながら書き、あとから肉付けをします。

推敲する

 漢字間違いや表記の揺れを調べるだけでなく、肉付けをしていきます。推敲の仕方は「推敲とは何か」も参考にして下さい。

応募要項を確認する

 出来上がった作品が、応募要項に則ったものなのかを確認します。応募規定から逸れているものは、他の出版社にするか、書き直しをします。

必要なものを揃える

 応募するには作品だけでなく、あらすじエントリーシートが必要になります。ここで不備があったのではもったいないので、きちんと揃えます。

応募する

 最終段階です。必要なものだけを送るようにしましょうレターパックで送るのがおすすめです

-はじめに
-, ,