物語の基本

ライトノベルにおけるフラグとは何か

2013/07/08

 元来、フラグと伏線は同じ言葉として使われてきましたが、最近は異なるニュアンスで使われるようになりました。
 このニュアンスの違いを知ることで、物語を面白くすることができます。

伏線とフラグの違い

 主にフラグは「読んでいて、このあとの展開がなんとなく読めるもの」です。恋愛フラグであれば付き合うことになったり、死亡フラグであれば死んでしまう展開です。
 これとは違い、伏線は「読んでいても違和感なく読み進めることができて、あとから『あれはこういう意味だったのか』と気付くもの」です。ですので、読者は読んでいるときに気付きませんし、予測ができません。作者が回収しなくても問題なく話が進むこともあります。

フラグはあからさまでもいい

 伏線は隠れているからこそ意味があります。ですが、フラグは「フラグが立った」と気付かれるように、ある程度あからさまでもいいのです。
 例えば、「帰ってきたら、一緒にご飯を食べよう」というセリフや「胸騒ぎがする」は、一種の死亡フラグです。先がなんとなく読めるのです。
 これを伏線にする場合、「彼は楽しいことでもあったのだろう、普段以上にはしゃいでいる」という描写にしたり、「明日の装備はいつもと違うんだ」という、「あとから考えればあれは……」というセリフにします。

フラグはへし折ることもできる

「フラグをへし折る」というのは、予測できた展開を裏切ることです。フラグ通りに話を進めることもできますが、この「へし折った」パターンでも読者を楽しませることができます。
 例えば、死亡フラグを裏切り、なんとしても生還するのを描くこともできるのです。

-物語の基本
-,