文章の基本

文章の基本

2013/07/08

 いくら魅力的なキャラクターを作ることができたとしても、いくら面白い物語を作ることができたとしても、基本がなっていなければ選考されることはありません。土俵にすら上がれないのです。
 まずは基本をしっかりと抑えることが大切です。

文字は全角

 文字は数字、アルファベット、記号、すべて全角を使います。横書きで書いている際には見落としがちですが、縦書きにすると文字が90度傾いています。

一字下げる

 文章の始まりは一文字下げます。半角ではありません。全角スペースです。
 wordで作成する場合には「編集記号の表示/非表示」で切り替えて、表示するようにしておくと便利です。詳しくはWordの使い方講座・小説編で解説しています。

「」や()のときは一字下げない

「」や()のときは、一字下げません。
「お腹が空いた」が正しく、
 「お腹が空いた」は間違いです。

「」の最後は。を付けない

 文章の最後は。を付けますが、「」の最後には。を付けません。
「お腹が空いた」が正しく、「お腹が空いた。」や「お腹が空いた」。は間違いです。

「」の中の会話は『』を使う

 「お母さんが『さんま買ってきて』って言ってたよ」などと使います。

……(三点リーダー)と--(ダッシュ)は2つセットで使う

 ……と--は2つセットで使います。「…」だけや「-」だけでは間違いです。
 基本は2つのみで使いますが、ライトノベルでは4つや6つなどでも有りですが、多用しすぎは厳禁です。
 ちなみに「……」は間を入れる際に、「--」は心情や説明を入れる際に使います。

!と?のあとにはスペースを入れる

 !と?のあとには一文字文のスペースを入れます。「お兄ちゃんったら! ちゃんと聞いてるの?」と使います。

!や?は並べて使用しない

 メールなどでは??や!!を使いますが、小説では使用しません。

!?を使いたい場合には

 wordの場合は「縦中横」という機能を使います。詳しくはWordの使い方講座・小説編で解説しています。

顔文字や☆、♪などは使わない

 メールのノリで作ってしまうと、ついつい使いたくなってしまうかもしれませんが、小説ですので顔文字や☆などの記号は使用しません。

数字は漢数字

 横書きでは1234567890と書きますが、縦書きですので漢数字(一二三四五六七八九零や十百千万)を使います。

-文章の基本
-, , , , ,