応募するときの基本

未完は「作品」ではありません。完成させましょう

2013/07/08

 受賞したら連載するつもりだし、プロの作家さんだって完結させてないでしょ、と思われる方もいると思いますが、新人賞に送る作品はあくまでも「完成作」です。未完の作品や、次回に続く作品ではいけません

続編は書けるから、未完でも構わない?

 自分の頭の中では続編の構想ができているからと、未完(次作に続く)の作品を送ってはいけません。
 未完の作品では、読む方にとっては応募者が作品を「完成させる能力」があるのか分かりかねますし、起承転結の「転」「結」でおもしろいどんでん返しを作れる人間か判断ができないからです。

受賞したら連載するつもりだから、続編を送ってもいい?

 書く意欲のある方は、完成させてすぐに続編を思いつくという方もいらっしゃると思います。
 ですが、続編は送る必要はありません
 受賞した場合、プロデビューして続編を出すことがほとんどです。ですが、その続編は担当の方と相談して内容や方向性が決まります。自分の意思だけで決められるわけではなく、売れ行きや出版社の状況によっても内容や方向性が変わります(大長編にすることも、3巻完結にすることもあります)。つまり、続編は新人賞の応募時にはまだ必要ないのです。それよりも、続編の内容を新人賞応募作品に詰め込んだり別作品として応募した方が、受賞の可能性があがります。

完成させるメリット

 完成させるメリットは、次につながるということです。
 完成させることができれば、応募ができます。もし、通らなかったとしても、次に応募するときの基礎となります。
 また、完成させれば公開できます。知人だけでなく、ネット小説としても公開することができます。
 更に、完成作品と完成作品を掛けあわせて、また新しい作品を作り出すこともできるのです。起承転結が決まっていれば、ゼロから作り出すよりも簡単に作り出すことができるのです。

-応募するときの基本
-,