応募するときの基本

投稿するのは「指定されたもの」だけ

2013/07/08

 ライトノベルに求められているものを再確認する。では、募集要項に穴が開くまで確認するように書きましたが、募集要項に書かれているもの以外は送ってはいけません。

文章で勝負

 募集要項に書かれているものだけを送ればいいのです。下記のようなものは、「文章以外」の部分です。編集部に迷惑がかかるのでやめましょう。

規定枚数以上、以下はダメ

 複数作品を送る場合は別の封筒で送ります。1つの封筒で1つの作品です。そう指定されている以上、1つの「作品」を送らなければいけませんし、枚数が多くても少なくてもいけません。
 また、未完の作品でもいけませんし、発行されたときのために連載分まで送る必要もありません。あくまで「1つの作品」を送ります。

設定資料は送らない

「受賞して発行になったら必要になるんだし」と思っても、心配はご無用です。受賞したら編集の方に渡せばいいだけです。
「地図とか送らないと、分からないんじゃないの?」と思ったら、それは大問題です。もっと小説に書き込みが必要、もしくはもっと分かりやすくしなければならないということです。

添え状はいらない

 社会人になれば、送るときに添え状が必要になりますが、小説大賞のときは必要ありません。「何卒お願いします」の一言もなくていいのです。

データは要確認

 プリントミスがあったら怖い、ということでデータで送る必要はありませんプリントアウトしたら、ミスがないかよく確認しましょう
 データでの投稿は、各小説大賞によって異なります。募集要項をよく確認しましょう。

あとがきは書かない

 たまにいらっしゃるそうです。文庫本の最後にあとがきが書いてあるため、そのまま受け取ってのことだと思います。あとがきは受賞し、発行する前に書くものです。

-応募するときの基本
-